若葉の緑がまぶしすぎるほど初夏の陽気がつづいております、いかがお過ごしでしょうか。

ビルメンテナンス業界を取り巻く環境は依然厳しく、労働集約型産業に共通する人手不足はとりわけ顕著で深刻な課題です。一方建築物の需要は中長期的には人口減少に伴った構造的な問題はあるものの、依然堅調に推移しています。快適な住空間を創ることが社会的要請であるならば、当社の経営理念でもある「より質の高い清掃サービスの提供を通して、清潔で快適な社会の創造に貢献する」ことが求められ、社会的責任の重い業務であることを自覚しなければなりません。

さて、おかげさまで当社は本日5月17日で創立30周年を迎えます。30年の節目を迎えられたのはひとえにお客様はじめ関係各位のご支援ご厚情、並びに現場での地道な稼働の成果の賜物と心より感謝しております。

昭和63年に創立した株式会社クリーンテックは、翌年に元号が改められた平成の時代と共に歴史を刻んで参りました。各種バブルの崩壊、グローバル化による経済の混乱、大震災など山あり谷ありの歳月を歩んで参りましたが、創業時から掲げてきた自主独立の精神を貫き株式会社クリーンワークス、有限会社クリーンテック・イースト、株式会社クリーンテック多摩、昨年グループから独立した㈱ファイヴエーカンパニーと、着実に地域密着型の分社独立を果たして参りました。根っ子が同じグループ各社は独立先で諸問題に対峙し切磋琢磨しながら、年輪を刻み幹を太らせています。直近では社員、スタッフがそれぞれの持ち味を生かしたビジネス展開を模索し実行しており、さらなるグループの活性化に期待を抱かせてくれています。

俗に会社の寿命は30年といわれる中、いま一度創業の精神に立ちかえり、より一層の発展と次の節目に向けて社員一同決意を新たに努めて参ります。

関係各位、皆様の健康とご多幸をお祈りしてご挨拶とさせていただきます。

平成30年5月17日

株式会社クリーンテック 代表取締役 是佐 正明